マンション投資に失敗しない方法|賢く運用できる土地と建物

マンションの投資のコツ

住宅

マンションによる投資とは

マンション投資とは、利回りの高いマンションに投資する資産形成の手段です。しかも現金をさほど使わずに運用できるのが特徴となります。というのも、住宅ローンを組んで家賃収入で返済を行い、完済後には家賃が安定収入として入ることになります。けれどもマンション投資にはリスクも伴うので、失敗事例も色々とあります。例えば賃借人がつかない空き部屋となるリスクにより、住宅ローンをそのまま負担することもあります。あるいは減価償却費などの経費計上により税金の還付を当てにしていると、年々その節税効果は薄れることに気づかないケースもあります。あるいは短期での売却を予定するものの、なかなか買い手が見つからないという失敗事例も見られます。

メリットを得る工夫とは

マンション投資を行う上で失敗しないための工夫として、まず利回りの高いマンションを選ぶことが挙げられます。新築マンションは比較的どこも値上がりしているので、中古物件を探すのもひとつの手段となります。また空き部屋リスクを回避するために、家賃保証を利用するのも効果的です。あるいは、部屋の広さにも工夫が必要となります。傾向としては、部屋が広くなるほどに家賃の単価は下がることになります。けれどもワンルームのような単身者向けの物件は、賃借人の交代サイクルが早いので、空き部屋リスクもその分増えることになります。そのバランスを上手く取ることが、マンション投資で失敗しないコツとなります。また短期保有か長期保有かによっても、資金計画が異なるので考慮が必要です。